古銭買取

古銭を高額で買取してもらうコツ|高額買取してくれる業者はココ!

古銭買取の際、古銭の査定額は古銭の種類や状態だけでなく、買取業者によっても違うものです。

 

買取業者も趣味や道楽で古銭を買い取っているわけではありません。買取業者は古銭の買取と売却の利ザヤで利益を上げなければならないため、それぞれの買取業者の経営状況、経営体制、経営方針によって査定価格は大きく変わってきます。

 

傾向としては、大きな買取業者や店舗を持つ買取業者は査定額が低くなりがちな傾向にあります。

 

というのも、大きな買取業者は宣伝活動などを精力的に行っているので一般に名が知られていますが、そのために投じた費用を回収しなければならないからです。また、大きな買取業者は店舗の数や職員の数も多く、運営費や人件費も回収しなければならないということも査定額に影響します。しかし、大きな買取業者は社会的地位と信頼性が高いため、不当に低い査定額を提示されるということがなく、安心して取引できるという点は大きなメリットになります。

 

古銭を可能な限り高額で売却したいと考えるなら、小さめの優良な買取業者を探してみましょう。近年ではインターネットを中心に活動している無店舗経営の買取業者も増えてきており、そういったところは査定価格も高く見積りしていることがあります。

 

 

私がおすすめするのは「スピード買取.jp」です。ここは出張買取によって経費を削減しており、高額買取が期待できます。また良心的なプロの査定士が鑑定してくれるので安心です。出張買取なので、気に入らなければその場で断れば売る必要はありません。手数料も要らないので、利用してみるといいですよ。

 

⇒スピード買取はこちら

古銭買取の依頼をした後の流れについて教えて

古銭買取には店頭買取、出張買取、郵送買取の三通りの方法があり、取引の流れはそれぞれ異なります。店頭買取の場合、買取の対象となる古銭を店舗まで持参します。次に、鑑定員に古銭を査定してもらいます。そして、その査定価格に納得すれば、その場で現金化することが可能です。

 

出張買取の場合

まずは買取業者に自宅への出張を依頼することになります。依頼は電話やインターネットを通じて行うことが可能です。その後の一連の流れは店頭買取と同様ですが、出張買取の場合は店頭買取とは異なり、店舗へ足を運ぶ必要がないため、時間と費用を節約できるというところが大きなメリットです。最近では出張を無料で行っている買取業者も増えてきており、気軽に依頼することができます。

 

郵送買取の場合

買取業者に連絡した上で、買取の対象となる古銭を梱包し、買取業者に発送を行います。次に、買取業者による古銭の査定が完了すると、電話やメールなどを通じて査定価格が提示されることになります。査定価格に納得した場合、指定した口座に代金を振り込んでもらうことになります。郵送買取は店頭買取や出張買取とは異なり、現金化に少しタイムラグが発生する点がデメリットですが、おおむね翌営業日には振込されています。

古銭買取の依頼をする前に何の準備をしておけばいいの?

古銭買取を買取業者に依頼するためにはいくつかの準備が必要です。まず、古銭を買い取って貰うためには古物営業法に基づき、住所、氏名、生年月日などが記載された身分証明書の提出が義務付けられています。

 

これは買取の際、毎回提出が必要です。そのため、古銭の買取依頼の際には運転免許証や健康保険証、外国人であれば外国人登録証などのコピーを準備しておくといいでしょう。なお、運転免許証は裏に記載がある場合、両面コピーが必要となります。

 

古銭を買い取って貰う際には、店舗に持ち込んでの買取、自宅に出張してもらう買取、郵送で配送して査定を受ける買取の三通りの方法を選択することができます。

 

買取業者によって対応できる範囲は異なるので、事前に確認しておくといいでしょう。出張買取や郵送買取は買取業者の店舗が近くにない方、忙しくて時間を取れない方にとっては大変便利な買取方法です。また、出張買取ならば郵送の準備を省略できるというのも大きなメリットです。全国的に対応している買取業者も多く、日本全国どこからでも買取の依頼をすることができます。

 

また、古銭は汚れたままの状態だと査定価格が低くなることもあるので、査定前に軽く磨いておいた方が良いでしょう。ただし、風合いが損なわれるほど磨いてしまうと逆効果なので注意が必要です。

古銭買取で鑑定士が見ているポイントについて教えて

古銭の多くは現代においては1円の貨幣価値も持たない硬貨です。しかし、古銭の収集家というのは世界中に数多く存在しており、古銭は買取業者やオークションなどを通じて高値で取引が行われています。

 

古銭の買取における鑑定士の第一の査定ポイントは古銭の種類です。おおむね、希少価値のある古銭ほど高い値が付き、希少価値のない古銭ほど低い値がつくことになります。インターネットには古銭の価格相場を掲載したサイトなどもあるので、鑑定士に査定を依頼する前にそちらを確認しておくといいでしょう。

 

古銭は収集家がコレクションを目的として取引するものです。そのため、古銭はより状態のいいものが求められる傾向にあります。これは鑑定士が注目する第二の査定ポイントです。傷、歪み、曲がりのない綺麗な古銭ほど高額で買い取ってもらえるということになります。傷、歪み、曲がりを直すことは素人には不可能であり、下手に扱えば逆に状態を悪化させる可能性が高くなります。しかし、ちょっとした埃などであれば素人でも取り除くことができるので、査定前に軽く磨いておくのもいいでしょう。ただし、古銭は汚れも一つの価値と言われており、風合いを損ねるような強い力で磨くと逆に価値が下がることもあります。

古銭の種類

慶長小判/元禄小判/宝永小判/正徳小判/享保小判/佐渡小判/元文小判/文政小判/天保小判/安政小判/万延小判/慶長通宝/寛永通宝/宝永通宝/文久永宝/仙台通宝/箱館通宝/乾隆通宝/永楽通宝/天保通宝/刀幣/貨布/天正菱大判金/天正長大判金/天正大判金/慶長笹書大判金/慶長大判金/元禄大判金/享保大判金/天保大判金/万延大判金/天保五両判金/慶長小判金/元禄小判金/宝永小判金/正徳小判金/享保小判金/佐渡小判金/元文小判金/文政小判金/天保小判金/安政小判金/万延小判金/円歩金/文政二分判金/安政二分判金//延二分判金/明治二分判金/額一分判金/慶長一分判金/元禄一分判金/宝永一分判金/正徳一分判金/享保一分判金/佐渡一分判金/元文一分判金/文政一分判金/天保一分判金/安政一分判金/万延一分判金/元禄二朱判金/天保二朱判金//万延二朱判金/文政一朱判金/明和五匁銀/古南鐐二朱銀/新南鐐二朱銀/文政南鐐一朱銀/天保一分銀/庄内一分銀/安政一分銀/安政一朱銀/嘉永一朱銀/明治一分銀/明治一朱銀/安政二朱銀/改三分定銀/100円銀貨/1000円銀貨/100円白銅貨/500円白銅貨/5000円銀貨/10000円銀貨/100000円金貨/10円青銅貨/5円黄銅貨/未発行1銭陶貨/旧20円金貨/旧10円金貨/旧5円金貨/旧2円金貨/旧1円金貨/新20円金貨/新10円金貨/新5円金貨/旧1円銀貨/旧1円銀貨丸銀打/新1円銀貨/1円黄銅貨/貿易銀/貿易銀丸銀打/旭日竜大型50銭銀貨/旭日竜小型50銭銀貨/竜50銭銀貨/旭日50銭銀貨/八咫烏50銭銀貨/小型50銭銀貨/大型50銭黄銅貨/小型50銭黄銅貨/旭日竜20銭銀貨/竜20銭銀貨/旭日20銭銀貨/旭日竜10銭銀貨/竜10銭銀貨/旭日10銭銀貨/八咫烏10銭銀貨/10銭白銅貨/10銭ニッケル貨/10銭アルミ青銅貨/菊10銭アルミ貨/10銭錫貨/稲10銭アルミ貨/旭日竜5銭銀貨/旭日大字5銭銀貨/竜5銭銀貨/菊5銭白銅貨/稲5銭白銅貨/大型5銭白銅貨/小型5銭白銅貨/5銭ニッケル貨/5銭アルミ青銅貨/5銭アルミ貨/穴アキ5銭錫貨/鳩5銭錫貨/2銭銅貨/竜1銭銅貨/稲1銭青銅貨/桐1銭青銅貨/カラス1銭黄銅貨/カラス1銭アルミ貨/富士1銭アルミ貨/1銭錫貨/半銭銅貨/5厘青銅貨/1厘銅貨